システムデザイン、システムディベロップメント システムデザイン
システムディベロップメント
仕組みをつくる
製造業、流通業、接客業、官公庁などさまざまなお客様のニーズに応えます。
テクニカルコミュニケーション、リスク&ベネフィットコミュニケーション テクニカルコミュニケーション
リスク&ベネフィットコミュニケーション
情報をつくる、情報をつたえる
お客様の製品?サービスの提供価値を利用者目線で見える化する技術で支援します。
遠隔業務、非接触業務の実現を支援するシステム 遠隔コミュニケーション
非接触コミュニケーション
情報をつかっていただく
独自技術worktransform®を用いて現場でのコミュニケーションを円滑にするソリューションを提供します。
Just Right! 連携プラグイン Just Right! 連携プラグイン
校正指摘情報を直接アプリに取込み、日本語校正作業を効率的に進めるJust Right!連携プラグイン
Just Right!?ATOK活用ガイド Just Right!?ATOK活用ガイド
日本語校正の、精度向上や時間短縮を実現するなら
30ページ、226ページ、930ページの日本語校正作業はどの程度の効果を得られたのか? 検証結果の確認はこちらへ
FrameMaker活用RPA化ソリューション FrameMaker活用RPA化ソリューション
「差分修正」の効果を最大限に活用した業務効率向上と品質向上の実現アプローチ
Adobe RoboHelpで情報のデジタル化を実現 マニュアルをFAQ、チャットボットに連携
必要とする時に、適切な情報を提供できることが、顧客の利用体験向上に欠かせない要素。RoboHelpは情報の一貫性を担保しながらデジタル化を実現します。
iiRDS iiRDS Consortium
ISEは、iiRDS設立メンバーにおける日本からの唯一の参加者として、iiRDSの活動を推進しています。日本企業への情報提供のため、tekomからの依頼に基づきiiRDSのWebサイトを日本語化しました。
ISEの保有技術 ISEの保有技術
ISEの保有技術で、製品?サービス利用者の体験価値の創造とデジタルトランスフォーメーションの実現に貢献します。
お知らせ 2021/8/31
2021年8月20日、ISEが株式会社エレクトロスイスジャパン(神戸市)、公益財団法人神戸国際医療交流財団(神戸市)、神戸大学医学部附属病院国際がん医療?研究センター(神戸市)と行う共同研究が、令和3(2021)年度「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」に採択されました。 研究プロジェクト名:医療及び介護コミュニケーション支援のためのAI活用基盤構築及び教師データの開発 (外部サイトに移動します:)令和3(2021)年度「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」
お知らせ 2021/8/11
2021年6月16日に、艾思益信息応用技術(北京)有限公司が中国日本商会のISG(Internet Security Group)に追加加盟しました。
お知らせ 2021/6/17
ISEの独自技術worktransform®専用ウェブサイトを公開いたしました。 (外部サイトに移動します)worktransform®専用ウェブサイト
お知らせ 2021/4/21
艾思益信息応用技術(北京)有限公司が中国日本商会 第2分科会〔電機?電子、IT等〕、第3分科会〔化学、ライフサイエンス等〕に加盟しました。
お知らせ 2020/12/24
2020年11月10日に参加したiiRDS Consortium第3回年次総会の記録を掲載しました。 iiRDSページはこちら
お知らせ 2020/11/27
ISEは、公益財団法人 神戸国際医療交流財団と業務提携をいたしました。 外部サイトに移動します: 公益財団法人 神戸国際医療交流財団ホームページ(お知らせ)
お知らせ 2020/11/20
2020年11月27日(金) 新川崎?創造のもり 慶応義塾大学 新川崎(K2)タウンキャンパスにて開催される川崎市?慶応義塾大学主催のオンラインセミナー「いよいよ産業に応用されるハプティクス技術」にてISEの取り組みを紹介します。 外部サイトに移動します: 詳細?お申込みは<こちら>(参加費無料)
お知らせ 2020/8/19
2020年8月10日、ISEはiiRDS Consortiumネット会議に参加しました。また、iiRDSの最新の活動状況を報告いたします。 iiRDSページはこちら
お知らせ 2020/7/21
ISEは、会津大学(*)(生体医用情報工学講座(**):情報システム学部門部門長:陳 文西 教授)と共同研究を開始し、同講座が保有する生体信号モニタリング技術で得られたデータを解析し、共同研究を通じて「生命や健康の現場」に役立つ知識や情報を導く技術の確立を目指します。 *会津大学 https://www.u-aizu.ac.jp/ **生体医用情報工学講座(Biomedical Information Engineering Laboratory) http://bitlab.u-aizu.ac.jp/
お知らせ 2020/6/18
追加のお知らせ: 2020年11月27日(金) 新川崎?創造のもり 慶応義塾大学 新川崎(K2)タウンキャンパスにて開催される川崎市?慶応義塾大学主催のオンラインセミナー「いよいよ産業に応用されるハプティクス技術」にてISEの取り組みを紹介しました。 外部サイトに移動します: 詳細は<こちら
ISEは、慶應義塾大学、モーションリブ株式会社と共同で、リアルハプティクス(※)とMR(複合現実)技術を組み合わせた袋状食品包装の空気漏れ検査システムの開発に成功しました。 ...続きを読む